最新記事一覧

世界に一つだけの指輪を

新郎新婦

永遠の愛の証です

結婚指輪をつける風習が日本に伝わってきたのは、戦後だと言われています。西洋文化が日本に広まり、教会での結婚式や指輪を交換する習慣が広まったようです。また、左手の薬指にはめるのは、夫婦の愛が永遠に続くように、愛の絆を深める等という意味があります。結婚指輪を身につけることは、二人が永遠の愛を誓った証だと言えるでしょう。二人だけの特別な指輪を身に着けたいなら、ぜひ手作りで購入してみてはいかがでしょうか。今では挙式をあげない方も多いですが、結婚指輪は夫婦の98%が購入しているようです。一生身につけられるデザインで、自分たちに合った特別な手作りの指輪なら、更に愛も深まり、特別な思い出にもなると思います。

素材も大事です

デザイン、付け心地などもとても大事ですが、素材もとても大事です。ほぼ毎日身につけるものなので、長く使えて丈夫な結婚指輪を手作りすると良いと思います。素材には、プラチナ、ゴールド、チタン等さまざまなものがあります。中でも、プラチナは人気が高いようです。プラチナは、耐久性に優れています。長く使用しても変色もなくいつまでも美しいです。ダイヤモンドと相性抜群の素材です。ゴールドは、肌なじみが良く日本人の指にとても合います。耐久性はプラチナと同様優れていますが、変色の面で少し劣る所があるかもしれません。チタンは、強度、軽さ、耐熱性に優れて、変形変色にも強いです。ただ、色味が少し暗めで少し華やかさにかけてしまうかもしれません。その他にも、パラジウムやシルバーなどの素材があります。自分たちに合っている素材を選んで納得のいく素材で手作りすると良いと思います。

オススメ記事

新郎新婦

世界に一つだけの指輪を

結婚指輪は、一生に一度の二人だけの特別な指輪です。歳をとっても長く身に着けていられるデザインや付け心地、素材にこだわって手作りすることをお薦めします。二人の納得のいくものを選んでぜひ購入してください。

詳しく見る

花嫁

結婚式でのドレス

結婚式は、一生に一度のことです。ドレスや小物などは、自分の気に入ったものを選ぶのが一番ですが、「花嫁」であることを強調出来るようなもの、を選ぶこともオススメです。二次会ドレスについて迷っている人は、「白色」のドレスを選ぶことも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

詳しく見る

手

ハワイの伝統的な宝飾品

ハワイアンジュエリーはハワイ固有の花や植物をモチーフにした伝統的なジュエリーで、それぞれのモチーフには意味が込められており、結婚指輪などとして人気があります。最近では新しいデザインの製品も増えてきました。

詳しく見る

Copyright© 2017 婚約指輪は人気のものが嬉しい|喜ばれる贈り物 All Rights Reserved.